《法規》〈電気施設管理〉[H23:問5] わが国の電気工作物の概要及び電気保安の状況に関する空欄穴埋問題

【問題】

【難易度】★★★★☆(やや難しい)

次の文章は,わが国の電気工作物の概要及び電気保安の状況に関する記述である。文中の\(\fbox{$\hskip3em\Rule{0pt}{0.8em}{0em}$}\)に当てはまる最も適切なものを解答群の中から選びなさい。

a.平成20年度末における全電気事業者の発電設備の合計出力は,約\(\fbox {  (1)  }〔\mathrm {kW}〕\)であり,平成20年度における総需要は約\(\fbox {  (2)  }〔\mathrm {kW\cdot h}〕\)であった。

b.電気関係報告規則に規定する事故報告を取りまとめた電気保安統計によれば,平成18年度から20年度において,一般電気事業者では,毎年度約9300~11000件の供給支障事故が発生したが,その多くは\(\fbox {  (3)  }\)で発生した事故が原因となっている。また,この供給支障事故のうち,自家用電気工作物からの波及事故によるものは毎年度約\(\fbox {  (4)  }\)件であった。他方,電気事業者及び自家用電気工作物設置者から報告のあった感電死傷事故件数は毎年度\(\fbox {  (5)  }\)件であった。

〔問5の解答群〕
\[
\begin{eqnarray}
&(イ)& 1800~2200   &(ロ)& 発電所   &(ハ)& 1.9兆 \\[ 5pt ] &(ニ)& 7~8   &(ホ)& 1200~1500   &(ヘ)& 1.0兆 \\[ 5pt ] &(ト)& 430~520   &(チ)& 8200万   &(リ)& 1.3億 \\[ 5pt ] &(ヌ)& 4600~5500   &(ル)& 送電線路   &(ヲ)& 高圧配電線路 \\[ 5pt ] &(ワ)& 72~84   &(カ)& 1.6兆   &(ヨ)& 2.3億
\end{eqnarray}
\]

【ワンポイント解説】

この問題が配点の高い問題として出題されるのが,いかにも電験一種らしいという感じがします。内容は電気事業便覧や電気保安統計に関する内容で,概略の数値を理解しておく必要があります。

【解答】

(1)解答:ヨ
 電力会社の発電設備の合計が約2億kW程度であることを記憶している必要があります。設備容量は現在もあまり変わっていません。電力会社で働いている方でなければ,なかなか把握できないかもしれません。

(2)解答:ヘ
 総需要は近年少しずつ減少してきています。(1)の数値を記憶していれば,2億kW\(\times\)8000h=1.6兆を超えることはないと考えられるので,解答は(ヘ)1.0兆と予想できます。

(3)解答:ヲ
 解答候補は(ロ)発電所,(ル)送電線路,(ヲ)高圧配電線路になると思います。(ロ)発電所,(ル)送電線路の事故はあまり多くなく,事故は圧倒的に(ヲ)高圧配電線路が多いです。

(4)解答:ト
(5)解答:ワ
 (4),(5)はやや細かい話ですが,(4)>(5)であることは間違いありませんので,選択肢はある程度絞れると思います。



記事下のシェアタイトル