《電力》〈配電〉[H26:問4]高圧地中配電系統に関する空欄穴埋問題

【問題】

【難易度】★☆☆☆☆(易しい)

次の文章は,高圧地中配電系統(PSS)に関する記述である。文中の\(\fbox{$\hskip3em\Rule{0pt}{0.8em}{0em}$}\)に当てはまる最も適切なものを解答群の中から選びなさい。

高圧地中配電系統には,配電用変電所の引出口,過密都市部,電車線路や幹線道路横断箇所など架空電線路では設備が輻輳(ふくそう)し,施設することが技術的に困難な箇所に施設するものや,都市機能,景観上の観点から施設するものなどがある。

長所として,同一ルートにケーブルを\(\fbox {  (1)  }\)施設することができること,暴風など気象条件の影響を受けにくく,また,クレーンや飛来物による接触がなく供給信頼度が高いことなどがある反面,架空電線路に比べ建設費が高いこと,\(\fbox {  (2)  }\)に時間を要すること,\(\fbox {  (3)  }\)の増加により深夜などに電圧上昇が発生するおそれがあることなどの短所がある。

変圧器や開閉器などの機器の設置方法としては,地上設置形と地下設置形がある。地下設置形の場合は機器への自動車衝突回避や景観面で有利であるが,\(\fbox {  (4)  }\)の面から機器が大きくなるばかりでなく,防水性,防\(\fbox {  (5)  }\)性等の設備設計・施工面に留意する必要がある。

〔問4の解答群〕
\[
\begin{eqnarray}
&(イ)& 故障電流   &(ロ)& 消防活動   &(ハ)& 対地静電容量 \\[ 5pt ] &(ニ)& 火   &(ホ)& 強度確保   &(ヘ)& 多回線 \\[ 5pt ] &(ト)& リアクタンス   &(チ)& 事故復旧   &(リ)& 開閉器動作 \\[ 5pt ] &(ヌ)& 塵(じん)   &(ル)& 熱放散   &(ヲ)& 機密性 \\[ 5pt ] &(ワ)& 単独で   &(カ)& 食   &(ヨ)& ループ状に
\end{eqnarray}
\]

【ワンポイント解説】

一種の問題としては,かなりのサービス問題と言えると思います。(5)だけは少し迷うかもしれませんが,二次試験対策のことを考えてもそれ以外の空欄は解答群なしでも答えられるぐらいにしておいた方が良いと思います。

【解答】

(1)解答:ヘ
題意より,解答候補は(ヘ)多回線,(ワ)単独で,(ヨ)ループ状にになると思います。地中送電は都市部等の需要の高い地域で実施され,同一ルートにケーブルを多回線施設することができます。

(2)解答:チ
題意より,解答候補は(ロ)消防活動,(チ)事故復旧になると思いますが,地中送電の場合は,事故箇所の特定や修理等に時間がかかる欠点があります。

(3)解答:ハ
題意より,解答候補は(ハ)対地静電容量,(ト)リアクタンスになると思いますが,ケーブルは電線に比べ対地静電容量が数十倍と高い特性があり,深夜などに電圧上昇が発生するおそれがあります。

(4)解答:ル
題意より,解答候補は(ホ)強度確保,(ル)熱放散になると思います。機器が大きくなるのは主に熱放散による影響が妥当と考えられます。

(5)解答:カ
題意より,解答候補は(ニ)火,(ヌ)塵(じん),(カ)食となると思いますが,防火性は地上であろうが地下であろうが同じ,耐塵性は地上の方が必要であるということを考えると,地下設置形の留意する点としては防食性となります。



記事下のシェアタイトル