《法規》〈電気事業法〉[H26:問2]「電気関係報告規則」に基づく,自家用電気工作物を設置する者の報告に関する空欄穴埋問題

【問題】

【難易度】★★★☆☆(普通)

次の文章は,「電気関係報告規則」に基づく,自家用電気工作物を設置する者の報告に関する記述である。

自家用電気工作物(原子力発電工作物を除く。)を設置する者は,次の場合は,遅滞なく,その旨を当該自家用電気工作物の設置の場所を管轄する産業保安監督部長に報告しなければならない。

a.発電所若しくは変電所の\(\fbox {  (ア)  }\)又は送電線路若しくは配電線路の\(\fbox {  (イ)  }\)を変更した場合(電気事業法の規定に基づく,工事計画の許可を受け,又は工事計画の届出ををもない変更した場合をを除く。)

b.発電所,変電所その他の自家用電気工作物を設置する事業場又は送電線路若しくは配電線路を\(\fbox {  (ウ)  }\)した場合

上記の記述中の空白箇所(ア),(イ)及び(ウ)に当てはまる組合せとして,正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

\[
\begin{array}{cccc}
& (ア) & (イ) & (ウ) \\
\hline
(1) & 出 力 & こう長 & 廃 止 \\
\hline
(2) & 位 置 & 電 圧 & 譲 渡 \\
\hline
(3) & 出 力 & こう長 & 譲 渡 \\
\hline
(4) & 位 置 & こう長 & 移 設 \\
\hline
(5) & 出 力 & 電 圧 & 廃 止 \\
\hline
\end{array}
\]

【ワンポイント解説】

電気関係報告規則第5条からの出題です。本問の空欄以外にも「自家用電気工作物」,「遅滞なく」,「産業保安監督部長」等は空欄になる可能性があるので,合わせて理解しておくようにしておきましょう。

【解答】

解答:(5)
(ア)
 電気関係報告規則第5条にある通り,「出力」となります。

(イ)
 電気関係報告規則第5条にある通り,「電圧」となります。

(ウ)
 電気関係報告規則第5条にある通り,「廃止」となります。

<電気関係報告規則第5条>
自家用電気工作物(原子力発電工作物を除く。)を設置する者は、次の場合は、遅滞なく、その旨を当該自家用電気工作物の設置の場所を管轄する産業保安監督部長に報告しなければならない。

一 発電所若しくは変電所の(ア)出力又は送電線路若しくは配電線路の(イ)電圧を変更した場合(法第四十七条第一項若しくは第二項の認可を受け、又は法第四十八条第一項の規定による届出をした工事に伴い変更した場合を除く。)

二 発電所、変電所その他の自家用電気工作物を設置する事業場又は送電線路若しくは配電線路を(ウ)廃止した場合