【電験アカデミア&電験王コラボ】電験戦士教本シリーズ第1弾「火力発電」2023年1月18日販売開始!

電験アカデミア執筆,電験王動画解説の電子書籍を販売開始

「電験カフェへようこそ 電験三種のギモン・お悩み解決します」で人気の電験アカデミアと電験講師として活動をしている私がコラボした今までにない演習解説動画付き参考書その名も

「電験戦士教本(デンケンソルジャーズスペルブック)」

が2023年1月18日刊行されました。
第1弾は私の専門である「火力発電」,受験生でも苦手としている受験生が多い分野です。
書籍のページ数は222ページ,動画の収録時間は約5時間と非常に内容の濃い一冊となっています。
(書籍及び動画サンプルは無料でご覧になれます。本ページ後半でも紹介しています。)

<内容>
 第1章 火力発電のキホン
 第2章 汽力発電
 第3章 火力発電の計算
 第4章 コンバインドサイクル発電
 第5章 理解度チェック問題
  +電験王 演習解説動画

価格:2,640円→1,980円

 

コラボに至った経緯

2021年10月29日,カフェジカ(※)にて火力発電講座を行った後,

「二次試験に出題され,完答できました」
「あの火力発電講座で火力発電への苦手意識がなくなりました」

とおかげさまで物凄い反響を頂くことができました。中には,

「これ本にできないんですか?」

と仰って頂いた方もいらっしゃり,大変嬉しく思った記憶があります。
しかしながら,私も「みんなが欲しかった!電験三種の実践問題集」を執筆させて頂き上記火力発電講座を実施して,自分の特性として「講義を中心に活動したい」という気持ちが一層強くなり,「もし良い執筆者が見つかったらなぁ・・・」という気持ちでいました。
そんな中,2022年2月に電験アカデミア結成の発表があり,私の中で「ピン!」と来るものがあり,結成直後に「ぜひどこかで一緒にやりましょう!」とお声かけしました。
そして,2022年4月29日,カフェジカにて第2回目の火力発電講座を行った後,当日私の講座に参加していた電験アカデミアメンバーと意気投合し「電験アカデミアが執筆し,電験王が動画講義をする」というコラボが実現しました。
たまたま電験アカデミアが結成し出版が発表されたタイミングと私の火力発電講座実施のタイミングが一致し,両者のコラボ実現できたのいうのは全くの偶然で,巡りあわせによるものが大きいですが,今となっては「なるべくしてなったのでは?」と感じることも多いです。

※カフェジカとは???
カフェジカ
全国放送のナニコレ珍百景でも紹介されたことがある電気主任技術者や電気工事士等の様々な電気技術者が集まるカフェです。見本誌を手に取ってじっくりと内容を確かめることができます。
カフェジカのライブラリーには電験や電気に関する専門書が揃い、一般の書店では取り扱いのない自費出版本やマニアックな書籍も見つかるかもしれません。
また、実際の電気設備も多数あり、模擬実験や操作等も可能です。
なお、ご利用の際はカフェジカHPの営業日カレンダーを確認してからお出かけください。

※カフェジカHP
東大阪にある電気技術者のためのイベント&カフェスペース
近鉄奈良線 若江岩田駅徒歩6分

本書の構成

デンケニアという舞台の中で主人公が電験アカデミアの学習指導を受けながら成長していくストーリーとなっていて,大きく分けて書籍による講義パートと動画による演習解説で構成されています。

STEP1 講義パート

電験アカデミアがテーマ毎に解説をしています。
執筆担当者による講義形式で行っており,それぞれの良い個性が出ている面白さがありながらも,内容はテーマ間のまとまりもあることによりとても面白く読み進めることが可能です。

STEP2 演習問題

テーマ毎に特に電験に出題されやすい内容を演習問題としています。講義パートを一読されましたら取り組んで下さい。
そして私が動画でその演習問題を解くためのワンポイント解説と演習問題の解説を行っています。

STEP3 理解度チェック問題

単元の総まとめとして,章末に理解度チェック問題が用意されています。
こちらも私の動画にて解答解説をしています。

なぜ火力発電から?

これは,先程お話した電験アカデミアとしても私としても第2回火力発電講座の内容がそのままイメージしやすいため,一番最初の書籍としては取り組みやすいだろうということで一致し,火力発電から開始することになりました。
今後は様々な分野について特化した,受験生が苦手分野を克服できるような形の「シリーズ化」をしていく予定です。

本書の強み

1.他の電験のテキストでは類を見ないわかりやすい解説

コラボ自体は発売前から決定していましたが,「電験カフェへようこそ 電験三種のギモン・お悩み解決します」も痒い所に手が届く解説で大人気となりました。
本書においても,その説明方法は継承されており,表面的な記憶に頼る一辺倒な解説ではなく,できるだけメカニズム等も取り入れながらも専門書のような難解な解説とならないような構成となっています。

▼書籍のサンプルはこちら(約5MB)

2.動画での演習解説

電験講座受講生の合格率の高さからも明らかな通り,より理解を深めるためには講義による学習は欠かせません。
本書における演習解説は,単なる答え合わせではなく,「ワンポイント解説」を含め,演習問題を解くためのヒントやエッセンスを加えた内容となっています。
私も電験講座のプロ講師として活動しておりますが,クオリティは電験講座の講義と同じレベルで行っております。

▼動画のサンプルは下画像をクリック

3.他社では絶対に真似できない低価格

「電験戦士教本(デンケンソルジャーズスペルブック)火力発電」は電子書籍が講義動画付きで税込1,980円!(定価は2,640円)
出版社を介さず電子書籍にすることで印刷費を抑え,動画編集も自分たちで行いました。あらゆる中間マージンを差し引き全て我々が手作りしたため実現できた大手では決して真似できない価格です。

<内容>
 第1章 火力発電のキホン
 第2章 汽力発電
 第3章 火力発電の計算
 第4章 コンバインドサイクル発電
 第5章 理解度チェック問題
  +電験王 演習解説動画

価格:2,640円→1,980円

 

こんな方にオススメ

・火力発電に苦手意識を感じている方
・火力発電の本質的な内容を理解できず,丸暗記に頼っている方
・電験の書籍だけで独学で勉強しているがあまり理解できず,高額な電験講座の受講には手が届かない方
・3種合格後,2種の学習に進んでいるが,そのステップに理解度が深まる書籍をお探しの方
・2種二次試験の火力発電の論説問題に苦戦されている方

今後のシリーズ発売予定

結論から申し上げると「未定」です。

火力発電においても試行錯誤を繰り返しながら半年以上かけて発売開始にこぎ着けました。出版社では必ず「納期」や「ページ制約」というものがあり,そういうものに縛られない良いものをと気持ちでプロジェクトを進めております。
火力発電のベースがあるため今後は少しずつ早くなると思いますが,各書籍に数か月単位はかかり,全体では10年単位の年月がかかる大プロジェクトとなることを予想しています。
また,新たな書籍が販売開始されましたら,追って電験王ホームページにてご紹介させて頂きます。

正誤表

現在のところ誤植は判明しておりません。誤植が判明し次第こちらに公開させて頂きます。