《法規》〈電気設備技術基準〉[H30:問7]「電気設備技術基準の解釈」における架空電線路の支持物の昇塔防止に関する空欄穴埋問題

【問題】

【難易度】★★★☆☆(普通)

次の文章は,「電気設備技術基準の解釈」における架空電線路の支持物の昇塔防止に関する記述である。

架空電線路の支持物に取扱者が昇降に使用する足場金具等を施設する場合は,地表上\(\fbox {  (ア)  } \ \mathrm {m} \ \)以上に施設すること。ただし,次のいずれかに該当する場合はこの限りでない。

a 足場金具等が\(\fbox {  (イ)  }\)できる構造である場合

b 支持物に昇塔防止のための装置を施設する場合

c 支持物の周囲に取扱者以外の者が立ち入らないように,さく,へい等を施設する場合

d 支持物を山地等であって人が\(\fbox {  (ウ)  }\)立ち入るおそれがない場所に施設する場合

上記の記述中の空白箇所(ア),(イ)及び(ウ)に当てはまる組合せとして,正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

\[
\begin{array}{cccc}
& (ア) & (イ) & (ウ) \\
\hline
(1) & 2.0 & 内部に格納 & 頻繫に \\
\hline
(2) & 2.0 & 取り外し & 頻繫に \\
\hline
(3) & 2.0 & 内部に格納 & 容易に \\
\hline
(4) & 1.8 & 取り外し & 頻繫に \\
\hline
(5) & 1.8 & 内部に格納 & 容易に \\
\hline
\end{array}
\]

【ワンポイント解説】

電気設備技術基準の解釈第53条からの出題です。数年に1回程度出題される内容になりますので,忘れた頃に再出題される可能性があります。

【解答】

解答:(5)
(ア)
 電気設備技術基準の解釈第53条の通り,「1.8m」となります。

(イ)
 電気設備技術基準の解釈第53条の通り,「内部に格納」となります。

(ウ)
 電気設備技術基準の解釈第53条の通り,「容易に」となります。

<電気設備技術基準の解釈第53条>
架空電線路の支持物に取扱者が昇降に使用する足場金具等を施設する場合は、地表上(ア)1.8m以上に施設すること。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合はこの限りでない。

一 足場金具等が(イ)内部に格納できる構造である場合

二 支持物に昇塔防止のための装置を施設する場合

三 支持物の周囲に取扱者以外の者が立ち入らないように、さく、へい等を施設する場合

四 支持物を山地等であって人が(ウ)容易に立ち入るおそれがない場所に施設する場合