《法規》〈風力設備技術基準〉[H29:問5]風車の安全な状態の確保に関する空欄穴埋問題

【問題】

【難易度】★★★☆☆(普通)

次の文章は,「発電用風力設備に関する技術基準を定める省令」に基づく風車の安全な状態の確保に関する記述である。

a 風車(発電用風力設備が一般用電気工作物である場合を除く。以下aにおいて同じ。)は,次の場合に安全かつ自動的に停止するような措置を講じなければならない。
 ① \(\fbox {  (ア)  }\)が著しく上昇した場合
 ② 風車の\(\fbox {  (イ)  }\)の機能が著しく低下した場合

b 最高部の\(\fbox {  (ウ)  }\)からの高さが20mを超える発電用風力設備には,\(\fbox {  (エ)  }\)から風車を保護するような措置を講じなければならない。ただし,周囲の状況によって\(\fbox {  (エ)  }\)が風車を損傷するおそれがない場合はこの限りではない。

上記の記述中の空白箇所(ア),(イ),(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして,正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

【ワンポイント解説】

発電用風力設備に関する技術基準を定める省令第5条からの出題で,数年に一回程度出題される傾向にあります。それほど長い省令ではありませんので,一度インターネットで検索して全文を確認しても良いかもしれません。

【解答】

解答:(4)

<発電用風力設備に関する技術基準を定める省令第5条(抜粋)>
風車は、次の各号の場合に安全かつ自動的に停止するような措置を講じなければならない。
一 (ア)回転速度が著しく上昇した場合
二 風車の(イ)制御装置の機能が著しく低下した場合
3 最高部の(ウ)地表からの高さが二十メートルを超える発電用風力設備には、(エ)雷撃から風車を保護するような措置を講じなければならない。ただし、周囲の状況によって雷撃が風車を損傷するおそれがない場合においては、この限りでない。