《法規》〈電気設備技術基準〉[H28:問6]太陽電池モジュールの絶縁性能及び太陽光発電所の電線に関する空欄穴埋問題

【問題】

【難易度】★★★☆☆(普通)

次の文章は,「電気設備技術基準の解釈」に基づく太陽電池モジュールの絶縁性能及び太陽電池発電所に施設する電線に関する記述の一部である。

a 太陽電池モジュールは,最大使用電圧の\(\fbox {  (ア)  }\)倍の直流電圧又は\(\fbox {  (イ)  }\)倍の交流電圧(\(\mathrm {500V}\)未満となる場合は\(\mathrm {500V}\) )を充電部分と大地との間に連続して\(\fbox {  (ウ)  }\)分間加えたとき,これに耐える性能を有すること。
b 太陽電池発電所に施設する高圧の直流電路の電線(電気機械器具内の電線を除く。)として,取扱者以外の者が立ち入らないような措置を講じた場所において,太陽電池発電設備用直流ケーブルを使用する場合,使用電圧は\(\fbox {  (エ)  }\)\(\mathrm {V}\)以下であること。

上記の記述中の空白箇所(ア),(イ),(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして,正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

【ワンポイント解説】

近年の太陽光発電所増加に伴い,太陽光に関する問題が増えており,今後もこの方向性は変わらないものと思います。太陽電池モジュールや燃料電池は変圧器とは異なる電圧が規定されています。

<参考>
変圧器:最高使用電圧の1.5倍の交流電圧(7000V以下),1.25倍の交流電圧(7000Vより大きい場合) 10分間

【解答】

解答:(2)

<電気設備技術基準の解釈第16条(抜粋)>
5 太陽電池モジュールは、次の各号のいずれかに適合する絶縁性能を有すること。
 一 最大使用電圧の(ア)1.5倍の直流電圧又は(イ)1倍の交流電圧(500V未満となる場合は、500V)を充電部分と大地との間に連続して(ウ)10分間加えたとき、これに耐える性能を有すること。

<電気設備技術基準の解釈第46条(抜粋)>
太陽電池発電所に施設する高圧の直流電路の電線(電気機械器具内の電線を除く。)は、高圧ケーブルであること。ただし、取扱者以外の者が立ち入らないような措置を講じた場所において、次の各号に適合する太陽電池発電設備用直流ケーブルを使用する場合は、この限りでない。
一 使用電圧は、直流(エ)1,500V以下であること。