《電力》〈送電〉[H28:問7]遮断器に関する論説問題

【問題】

【難易度】★☆☆☆☆(易しい)

遮断器に関する記述として,誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1) 遮断器は,送電線路の運転・停止,故障電流の遮断などに用いられる。

(2) 遮断器では一般的に,電流遮断時にアークが発生する。ガス遮断器では圧縮ガスを吹き付けることで,アークを早く消弧することができる。

(3) ガス遮断器で用いられる六ふっ化硫黄(\(\mathrm {SF_{6}}\))ガスは温室効果ガスであるため,使用量の削減や回収が求められている。

(4) 電圧が高い系統では,真空遮断器に比べてガス遮断器が広く使われている。

(5) 直流電流には電流零点がないため,交流電流に比べ電流の遮断が容易である。

【ワンポイント解説】

近年の遮断器の出題としては,ほとんどがガス遮断器と真空遮断器です。それぞれの特徴は下記の通りです。

1.ガス遮断器の特徴
①遮断性能に優れる。
②騒音が少ない。
③高電圧でコンパクトにすることができる。
④六ふっ化硫黄(\(\mathrm {SF_{6}}\))ガスの管理に注意が必要。

2.真空遮断器の特徴
①遮断性能に優れる。
②騒音が少ない。
③保守が容易。
④爆発・火災の心配がない。
⑤適用電圧は\(\mathrm {154kV}\)まで。

【解答】

解答:(5)
直流電流には電流零点がないため,交流電流に比べ電流の遮断が難しくなります。現在の高電圧の系統では,交直変換装置が遮断器の役割をします。

(1) 遮断器は,送電線路の運転・停止,故障電流の遮断などに用いられる。

(2) 遮断器では一般的に,電流遮断時にアークが発生する。ガス遮断器では圧縮ガスを吹き付けることで,アークを早く消弧することができる。

(3) ガス遮断器で用いられる六ふっ化硫黄(\(\mathrm {SF_{6}}\))ガスは温室効果ガスであるため,使用量の削減や回収が求められている。

(4) 電圧が高い系統では,真空遮断器に比べてガス遮断器が広く使われている。

(5) 直流電流には電流零点がないため,交流電流に比べ電流の遮断が容易である。