《電力》〈送電〉[H26:問8]架空送電線路の雷害対策に関する論説問題

【問題】

【難易度】★★★★☆(やや難しい)

架空送電線路の雷害対策に関する記述として,誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1) 直撃雷から架空送電線を遮へいする効果を大きくするためには,架空地線の遮へい角を小さくする。

(2) 送電用避雷装置は雷撃時に発生するアークホーン間電圧を抑制できるので,雷による事故を抑制できる。

(3) 架空地線を多条化することで,架空地線と電力線間の結合率が増加し,鉄塔雷撃時に発生するアークホーン間電圧が抑制できるので,逆フラッシオーバの発生が抑制できる。

(4) 二回線送電線路で,両回線の絶縁に格差を設け,二回線にまたがる事故を抑制する方法を不平衡絶縁方式という。

(5) 鉄塔塔脚の接地抵抗を低減させることで,電力線への雷撃を伴う逆フラッシオーバの発生が抑制できる。

【ワンポイント解説】

送電線路の雷害対策は図1に示すように,架空地線,アークホーン等があります。間違いが見つけにくい問題ですが,よく読んで間違いを見つけるようにして下さい。

【解答】

解答:(5)
(1):正しい
図1を見ればわかると思いますが,遮へい角を小さくすれば,送電線への直撃雷の発生確率を低くすることができます。

(2):正しい
避雷装置は雷撃時に発生する電圧を抑制することができるので,事故を抑制することができます。

(3):正しい
図1を見れば明らかとなりますが,条数が多いほど,アークホーン間電圧が抑制でき,逆フラッシオーバの発生が抑制できます。

(4):正しい
問題文の通りです。あえて絶縁に格差を設け,共倒れとならないようにする方法です。

(5):誤り
鉄塔塔脚の接地抵抗を低減させることで,大地へ電流が流れやすくなり逆フラッシオーバの発生が抑制できますが,逆フラッシオーバは架空地線又は鉄塔への落雷で発生します。