《電力》〈配電〉[H27:問11]地中配電線路の得失に関する空欄穴埋問題

【問題】

【難易度】★★☆☆☆(やや易しい)

次の文章は,地中配電線路の得失に関する記述である。

地中配電線路は,架空配電線路と比較して,\(\fbox {  (ア)  }\)が良くなる。台風等の自然災害発生時において\(\fbox {  (イ)  }\)による事故が少ない等の利点がある。

一方で,架空配電線路と比較して,地中配電線路は高額の建設費用を必要とするほか,掘削工事を要することから需要増加に対する\(\fbox {  (ウ)  }\)が容易ではなく,またケーブルの対地静電容量による\(\fbox {  (エ)  }\)の影響が大きい等の欠点がある。

上記の記述中の空白箇所(ア),(イ),(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして,正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

【ワンポイント解説】

地中送電は地中を通すこととケーブルのみしか使用できないことから,架空送電と比較される問題が多く出題されます。(ア),(イ),(ウ)は地中に通すことによる長所と短所,(エ)はケーブルを使用することによる短所となります。

1.地中送電の特徴
【長所】
 ・自然災害による影響や他接触物による外部事故が少ない。
 ・都市の景観が保たれる。
 ・露出充電部が少ないので,感電や火災の危険性が低い。
 ・通信線への誘導障害が少ない。

【短所】
 ・工期が長くなり,建設費も高くなる。
 ・事故箇所の特定が難しい。
 ・放熱性が低いため,導体の太さが同じ場合,送電容量が小さくなる。
 ・ケーブルの場合静電容量が数十倍となり,充電電流が大きい。

2.フェランチ効果
夜間等の軽負荷時,送電端電圧よりも受電端電圧が高くなってしまう事象で,送電線の静電容量が大きく,こう長が長い時に発生しやすい現象です。

【解答】

解答:(1)
(ア)
ワンポイント解説「1.地中送電の特徴」の通り,都市の景観が良くなります。

(イ)
ワンポイント解説「1.地中送電の特徴」の通り,自然災害発生時,他接触物による外部事故が少ない特徴があります。

(ウ)
地中送電は,設備増強に対して掘削工事を必要とすることから,架空送電より容易には増強できません。

(エ)
ワンポイント解説「2.フェランチ効果」の通り,地中送電線は静電容量が大きいため,フェランチ効果が発生しやすくなります。