《電力》〈配電〉[H27:問12]スポットネットワーク方式及び低圧ネットワーク方式の特徴に関する論説問題

【問題】

【難易度】★★★☆☆(普通)

スポットネットワーク方式及び低圧ネットワーク方式(レギュラーネットワーク方式ともいう)の特徴に関する記述として,誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1) 一般的に複数回線の配電線により電力を供給するので,1回線が停電しても電力供給を継続することができる配電方式である。

(2) 低圧ネットワーク方式では,供給信頼度を高めるために低圧配電線を格子状に連系している。

(3) スポットネットワーク方式は,負荷密度が極めて高い大都市中心部の高層ビルなど大口需要家への供給に適している。

(4) 一般的にネットワーク変圧器の一次側には断路器が設置され,二次側には保護装置(ネットワークプロテクタ)が設置される。

(5) スポットネットワーク方式において,ネットワーク変圧器二次側のネットワーク母線で故障が発生したときでも受電が可能である。

【ワンポイント解説】

スポットネットワーク方式に関する問題は,非常に出題頻度が高く,類題も多い分野です。スポットネットワーク方式を確実に理解し,ぜひ得意分野にして頂きたいと思います。

1.スポットネットワーク方式
スポットネットワーク方式は図1のような系統で構成され,以下のような特徴があります。
①信頼性が高い
②常時稼働率を高めることができる
③ネットワーク母線に高信頼度が求められる。
④プロテクタ遮断器でやや複雑なインタロック回路を構成する必要がある。 等

【解答】

解答:(5)
(1):正しい
図1の通り,ネットワーク方式は複数回線から供給されており,1回線が停電しても電力供給を継続することができる方式です。

(2):正しい
低圧ネットワーク方式は問題文の通り,低圧配電線を格子状に連系し,供給信頼度を高める方式です。

(3):正しい
スポットネットワーク方式は,供給信頼度が求められる負荷密度が極めて高い大都市中心部の高層ビルなど大口需要家への供給に適しています。

(4):正しい
図1の通り,ネットワーク変圧器の一次側には断路器が設置され,二次側には保護装置(ネットワークプロテクタ)が設置されます。

(5):誤り
スポットネットワークは,ネットワーク母線が肝となっており,高信頼度が求められます。