《電力》〈配電〉[H29:問13]配電線路の電圧調整に関する論説問題

【問題】

【難易度】★★☆☆☆(やや易しい)

次の文章は,配電線路の電圧調整に関する記述である。誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1) 太陽電池発電設備を系統連系させたときにの逆潮流による配電線路の電圧上昇を抑制するため,パワーコンディショナには,電圧調整機能を持たせているものがある。

(2) 配電用変電所においては,高圧配電線路の電圧調整のため,負荷時電圧調整器(LRA)や負荷時タップ切替装置付変圧器(LRT)などが用いられる。

(3) 低圧配電線路の力率改善をより効果的に実施するためには,低圧配電線路ごとに電力用コンデンサを接続することに比べて,より上流である高圧配電線路に電力用コンデンサを接続した方がよい。

(4) 高負荷により配電線路の電圧降下が大きい場合,電線を太くすることで電圧降下を抑えることができる。

(5) 電圧調整には,高圧自動電圧調整器(SVR)のように電圧を直接調整するもののほか,電力用コンデンサや分路リアクトル,静止形無効電力補償装置(SVC)などのように線路の無効電力潮流を変化させて行うものもある。

【ワンポイント解説】

配電線路においては,電圧は\(101±6\mathrm {V}\)もしくは\(220±20\mathrm {V}\)に調整しなければなりません。上記以外にも電圧調整の方法として同期調相機があります。電圧調整は電力のみでなく法規でも出題されることがある頻出問題なので,本問の正しい選択肢の内容もよく勉強しておいた方が良いと思います。

【解答】

解答:(3)
力率改善をより効果的に実施するためには,負荷に近い側に電力用コンデンサを接続した方が良いです。

(1) 太陽電池発電設備を系統連系させたときにの逆潮流による配電線路の電圧上昇を抑制するため,パワーコンディショナには,電圧調整機能を持たせているものがある。

(2) 配電用変電所においては,高圧配電線路の電圧調整のため,負荷時電圧調整器(LRA)や負荷時タップ切替装置付変圧器(LRT)などが用いられる。

(3) 低圧配電線路の力率改善をより効果的に実施するためには,低圧配電線路ごとに電力用コンデンサを接続することに比べて,より上流である高圧配電線路に電力用コンデンサを接続した方がよい。

(4) 高負荷により配電線路の電圧降下が大きい場合,電線を太くすることで電圧降下を抑えることができる。

(5) 電圧調整には,高圧自動電圧調整器(SVR)のように電圧を直接調整するもののほか,電力用コンデンサや分路リアクトル,静止形無効電力補償装置(SVC)などのように線路の無効電力潮流を変化させて行うものもある。