《法規》〈電気事業法〉[H28:問10]自家用電気工作物を設置する際の保安規程に関する空欄穴埋問題

【問題】

【難易度】★☆☆☆☆(易しい)

次の文章は,「電気事業法施行規則」に基づく自家用電気工作物を設置する者が保安規程に定めるべき事項の一部に関しての記述である。

a 自家用電気工作物の工事,維持又は運用に関する業務を管理する者の\(\fbox {  (ア)  }\)に関すること。
b 自家用電気工作物の工事,維持又は運用に従事する者に対する\(\fbox {  (イ)  }\)に関すること。
c 自家用電気工作物の工事,維持又は運用に関する保安のための\(\fbox {  (ウ)  }\)及び検査に関すること。
d 自家用電気工作物の運転又は操作に関すること。
e 発電所の運転を相当期間停止する場合における保全の方法に関すること。
f 災害その他非常の場合に採るべき\(\fbox {  (エ)  }\)に関すること。
g 自家用電気工作物の工事,維持及び運用に関する保安についての\(\fbox {  (オ)  }\)に関すること。

上記の記述中の空白箇所(ア),(イ),(ウ),(エ)及び(オ)に当てはまる組合せとして,正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

【ワンポイント解説】

過去問の問題集をやっていれば必ず出会う問題と言えます。空欄も多いため,数箇所分かれば確実に答えを導き出せると思います。本問を通じて確実にマスターしておきましょう。

【解答】

解答:(4)

<電気事業法施行規則第50条(抜粋)>
3 第一項第二号に掲げる事業用電気工作物を設置する者は、法第四十二条第一項の保安規程において、次の各号に掲げる事項を定めるものとする。ただし、鉱山保安法(昭和二十四年法律第七十号)、鉄道営業法(明治三十三年法律第六十五号)、軌道法(大正十年法律第七十六号)又は鉄道事業法(昭和六十一年法律第九十二号)が適用され又は準用される自家用電気工作物については発電所、変電所及び送電線路に係る次の事項について定めることをもって足りる。
一 事業用電気工作物の工事、維持又は運用に関する業務を管理する者の(ア)職務及び組織に関すること。
二 事業用電気工作物の工事、維持又は運用に従事する者に対する(イ)保安教育に関すること。
三 事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安のための(ウ)巡視、点検及び検査に関すること。
四 事業用電気工作物の運転又は操作に関すること。
五 発電所の運転を相当期間停止する場合における保全の方法に関すること。
六 災害その他非常の場合に採るべき(エ)措置に関すること。
七 事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安についての(オ)記録に関すること。
八 事業用電気工作物(使用前自主検査、溶接事業者検査若しくは定期事業者検査(以下「法定事業者検査」と総称する。)又は法第五十一条の二第一項若しくは第二項の確認(以下「使用前自己確認」という。)を実施するものに限る。)の法定事業者検査又は使用前自己確認に係る実施体制及び記録の保存に関すること。
九 その他事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安に関し必要な事項