《理論》〈電気及び電子計測〉[H28:問14]ディジタル計器に関する論説問題

【問題】

【難易度】★★☆☆☆(やや易しい)

ディジタル計器に関する記述として,誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1) ディジタル計器用のA-D変換器には,二重積分形が用いられることがある。

(2) ディジタルオシロスコープでは,周期性のない信号波形を測定することはできない。

(3) 量子化とは,連続的な値を何段階かの値で近似することである。

(4) ディジタル計器は,測定値が数字で表示されるので,読み取りの間違いが少ない。

(5) 測定可能な範囲(レンジ)を切り換える必要がない機能(オートレンジ)は,測定値のおよその値が分からない場合にも便利な機能である。

【ワンポイント解説】

あまり類題が出題されにくい問題ですが,本問(2)のように「できない」等のネガティブワードがある場合は記述に誤りがある場合が多いです。

【解答】

解答:(2)
(1):正しい
問題文の通りです。

(2):誤り
ディジタルオシロスコープは周期性のない信号波形を測定することができます。

(3):正しい
問題文の通りです。

(4):正しい
問題文の通りです。感覚的に正しいですね。

(5):正しい
問題文の通りです。